2008年06月25日

優と厳

僕は優しすぎるんだろうか…?



今、人に指導する立場にいますが、
上司は僕の指導に対して甘すぎると思っているようで、
ガンガン厳しく指導します。


僕は教師を目指していたことがあり、
厳しい指導が必ずしもイイ結果をもたらすわけではないことを知っています。


激しく怒鳴り散らしても人は恐怖を覚えるだけで、
その恐怖は永遠に心にキズとして残る。


僕は人の自主性を大事にしたいと思っています。


厳しい指導で言うことを聞くのは、
自主性ではない。

怒られるのがイヤなだけ。


長い目で見たとき、
優しく見守る指導が必ず自主性につながるものだと信じてます。


いつでも気軽に質問できる環境に置き、
手助けを受けられる環境に置き、
味方になってくれる人がいる場所こそがやる気を育てると思う。


孤独で逃げ場のない場所ほど苦しいものはない。


どんなに間違ってると言われようと、
僕は優しい指導を続けていきます。


それが僕のやり方、生き方なので…。







あ、でも…


もちろん、その優しさに甘えて怠ける人を許すことはしませんが(笑)

posted by やじゃ at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それでいいと思います。
やじゃくん 間違ってない。
”信頼関係を築く”という観点からみれば、
話しを聴いてくれる人を、私は信頼します。
一方的で頭ごなしの人は、一生信頼することはありません。

そうすると、仕事の能率も下がるし、
きっと売り上げも落ちると思います。
だらけてるのと違うのやったら、職場の雰囲気で、お客様を包み込むことも大事やもんね〜。

厳しいだけの人は、きっと頭が固くて考え方が古いんだ!
いまは、もう21世紀なんだからねぇ。

がんばってるな〜
えらい!!
\(^o^)/
Posted by Tomo. at 2008年06月27日 14:04
おいおい、そりゃ愚痴かい?笑
絶えろ!経験上・・・厳しい上司も歳をとる。すると丸くなる。お互い成長すれば、笑える日が来る!

と、オトナになって思えました。当時は今のヤジャのような気持ちだったけどね・・・

とりあえず、復活したからURL入れときます!
Posted by at 2008年07月18日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自転車ヤジャスカイ行進曲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。