2007年06月18日

のどかな日にもトンビの目

DSC00513.jpg

くるくる回る一羽のトンビ。

自転車で行った、
とてものどかな場所で見かけたこんな光景。




だけどコイツが狙ってるのはエサ…。

「食べもんはね〜か〜」と、
目をまんまるくして辺りをなめ回す。




こんなのどかな日でも関係なく、
みんな毎日必死に生きている。








《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 13:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

詩『目を開けば』

詩『目を開けば』


やじゃ










走って走って

走り疲れて





草原に 仰向けに倒れ込む





目を閉じると

虫や鳥達の 楽しそうな声が

キャッキャと聞こえてくる







風は僕の頬を

優しく流れてゆき



日光は全身を

ほどよく刺激する











こうしていると


あの時に戻れたような気持ちになる







あれからだいぶん 月日は流れた






僕は心も体も

あの時とは違う






しかし ただ一つ変わっていないのは






「今」の自分の生き方を

信じていること







何度自分を見失いそうになっても





こうして希望を見つけて

立ち直ってこられた









これから先どんな困難があっても


また


立ち直る自信がある















そう思って

再び目を見開いた先には




まばゆいほどの

光が満ちていた










《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

悔しさをバネにして…

母がいないのでチャンスだと思い、
毎日新作料理の練習!

どちらかと言えば料理は得意で、
作るのも大好きでするんるん

食いしん坊ですからわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)





しかし…





昨日、今日作った料理が一品ずつ失敗…バッド(下向き矢印)

マズくて泣きそうになりました…もうやだ〜(悲しい顔)


恐らく調味料の配分がミスった模様…。



やっぱりまだまだ甘いな、と反省すると同時に、
母の偉大さに改めて気付かされましたぴかぴか(新しい)

母は常に目分量で料理を作るにもかかわらず、
ほとんど失敗したことがなく、
いつも美味しいものを作ってくれますグッド(上向き矢印)



一人でどこにも行けない頼りない母ですが、

やっぱり母親はスゴイ!


尊敬しますぴかぴか(新しい)










あ、でも失敗したのは一日一品だけで、
他の料理は成功でしたわーい(嬉しい顔)



次はぜったい完璧に作ったるからなパンチ

(↑失敗がかなり悔しいようで…)







《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 22:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

一人旅立つ母を見送り…

昨日お婆ちゃんのいる栃木県に旅立った母…。
母が一人で北海道から出るのは初めてで、
本人はもちろん、家族中が不安に思っていましたが、
何とか無事に着いてお婆ちゃんに会えたようですダッシュ(走り出すさま)





乗り換えが苦手な母は、
飛行機は利用せずに、寝台特急で行きました。

電車なら一度乗ってしまえば
後は宇都宮に着くのを寝ながら待つだけです。

しかしそれでも母は
乗る直前まで不安そうな顔していました…たらーっ(汗)





そもそも母は、
札幌市内であっても
一人で行けない場所が多い…。

とにかく乗り換えが苦手だから
交通機関一本で行ける場所でなければいけないし、
方向音痴だから
一度来た道を戻ることもできない…。

そして道を尋ねるほど
気が強くもない…。




そんなわけで、
今まで極力一人で旅立つことを避けてきました。




しかし去年、お爺ちゃんが亡くなったのを機に
お婆ちゃんが栃木県の叔父の家に引っ越したため、
これからは道外に旅立つ術を
覚えなければいけなくなったのでした。














ほぼ毎日家にいた母…






いなくなるとちょっと寂しいですねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)









《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 13:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

必要のない言葉『死ね』

言葉の欠片『死ね』





この世には、
全く必要のない言葉があります。


それは、「死ね」という言葉です。





「死ぬ」という動詞に、
命令形の「死ね」などという使い方は
必要ないのです。




なぜなら、

この世に生きる全ての人に、他者から
「死ぬ」ことを強要される筋合いはないからです。



人間には生存権があり、
犯罪を犯し死刑にならない限り、
人に殺される筋合いもないし、
「死ね」と命令される筋合いもない。









だけどこの言葉を平気で使う人がいます。







この言葉は、
たった一言で相手の心を
深く切りつけるものです。



言うのは簡単な二文字の言葉…



しかし言われた方には
巨岩のように重くのし掛かる言葉です。








言った方は冗談でも、
言われた方には冗談じゃない。







こんな言葉は絶対に使ってはいけない。


この世に全く必要のない言葉だと
僕は思っています。









ただし!






海援隊の『母に捧げるバラード』内の母の言葉のように、
「死にものぐるいで頑張れ」という意味で使うなら、
優しさのこもった言葉になりますが…黒ハート







とにかく、
人に使う言葉はいつでも
優しい気持ちで使ってほしいものですわーい(嬉しい顔)




《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 11:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 言葉の欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ありがとう」の重み

言葉の欠片『ありがとう』





この世には、
たった一言だけで
人の心を大きく揺るがす言葉がたくさんあります。


その一つが「ありがとう」という言葉です。






皆さんは、
「ありがとう」という言葉を
どれくらいの頻度で使うのでしょうか?


友達や家族に使うとなると、なんだか照れくさくて、
何かしてもらったときにも
素直にお礼が言えないことがあると思います。






しかしこの言葉は、
とても大切なものです。





どんな些細なことをしたときにも、
「ありがとう」と一言言ってもらえるだけで、
とても心地良くなれます。


また、「ありがとう」と言った方も、
なんだか温かい気持ちになります。







逆に、何かをしてあげたときに、
何も言葉がなかったときは、
あまり気分のイイものではありません。


「ありがとう」の言葉なんか
別に期待してたわけではなくても、
やっぱり何かをしてあげたときには
一言お礼があると嬉しいものです。


この言葉がないだけで、
もう何もしてあげたくないという気持ちまで
生まれます。










僕はどんな些細なことであっても、
何かをしてもらったときには、
精一杯の笑顔で「ありがとう」と言うことに
心掛けています。



もっと若い頃は僕も照れくさくて、
この言葉を使うことを避けていました。



だけど、
日常的に人に助けてもらうことが多くて、
その感謝の気持ちをどうしても相手に返したくて、
いつの間にか「ありがとう」という言葉を
大事に使っていました。









たった一言で、
相手に対する感謝の気持ちを深く伝えることの出来る
「ありがとう」という言葉を
これからも僕は大事にしていきたいと思っています。







ということで、
いつもここに来てくれる皆さん、

ありがとうございますわーい(嬉しい顔)










《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉の欠片 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

プレドニン10mg維持

今日はまた病院へ行ってきました。

別に体調も悪くないし、
問題はないだろうと思っていましたが、
やはり何も異常ありませんでしたわーい(嬉しい顔)

プレドニンは予定通り10mg維持。

10mgで続けていれば、
とりあえず症状が出てくることはないでしょうが、
これからどのくらいのペースで下げていくかが、
ちょっと問題です。

プレドニンを減らすのも恐いけど、
使い続けるのも恐いので、
何とか早めに減らせたらイイな〜グッド(上向き矢印)




…と、それにしても今日は暑かったふらふら
当然病院まで自転車で行ってきたんですが、
もはや夏と言ってもイイほどの暑さ…あせあせ(飛び散る汗)

おかげで腕と顔が
真っ赤っかになってしまいました…バッド(下向き矢印)

膠原病のせいもあるのか、昔から肌が弱くて、
日に焼けると真っ赤になってヒリヒリしますちっ(怒った顔)

これからまだまだ暑くなるのに、
今からこんなんでイイのか〜たらーっ(汗)




…でも北海道より南に住んでいらっしゃる皆さんは、
こんなもんじゃないんでしょうね…ふらふらあせあせ(飛び散る汗)

20度を少し超えたくらいでガタガタ言ってしまって、
すみませんでしたあせあせ(飛び散る汗)






《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 膠原病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

歩いた分だけ前に進む

今日は、当たり前のことをタイトルに掲げましたが、
最近本当にそんな風に感じています。






『歩いた分だけ前に進む』






もちろん僕の大好きな自転車も同じく、
ペダルを漕いだ分だけ前に進みます。









だけど…







寝ていたら絶対に前に進まない。




時間だけは進んでいくけど、
自分自身は何も変わらない。










だから、ちょっとずつでも、
スピードは遅くても、
努力した分だけは必ず力になっている。













前書きが長くなってしまいましたが、
先日僕は、ある試験を受けてきました。

就職のための一次試験です。




去年の入院の時に、
僕は自分の一つの夢を失いました。




僕が長い間持ち続けていたたった一つの夢…

それを完全に諦める決意をしました。









今思えばこの夢こそが、
僕が病気を恐れる一番の原因だったのです。




僕が病気を持ち続ける限り、
その夢は実現できなかった…。









しかしたった一つだと思っていた夢だったけど、
僕には今、それに置き換わるでっかい夢があります。




その夢に向かって、これまで一生懸命に、
慣れない分野の勉強をしてきたわけです。














そうして訪れた一次試験…。








不安もありましたが、

何とか合格することができましたわーい(嬉しい顔)















だから今思うんです…










『歩いた分だけ前に進む』んだ、





と。













「士族の商法」という言葉がありますが、
そんなの関係ない。


どんなに慣れないことでも、
自分の進んで来た道から大きくそれてしまっても、

本気で、諦めずに進めば、

必ずゴールにたどり着くのです。













二次試験がまだなので不安は尽きませんが、
ありのままの自分を全開に出して、
きっと合格してみせましょう!





膠原病だからって、
ただ落ち込んでる日々はおしまい!




必ず夢を掴みますパンチ










《よろしければクリックお願いします!》

↓ ↓ ↓
          
病気ブログランキング










posted by やじゃ at 17:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自転車ヤジャスカイ行進曲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。